レナード・コーエンと須賀敦子

f:id:natsu_7:20200320162710j:plain

『ベストヒットUSA』 でレナード・コーエン特集を観た。レナード・コーエンは、声が低いことを気にしていたとか、「ハレルヤ 」についての小林克也さんの解説も興味深かった。

 

そして、レナード・コーエンと言えば、須賀敦子さんを思い出す。

やはりそのころ、私がムスタキというフランスのシンガー・ソング・ライターの歌が好きだと言うと、ガッティは困ったような顔をして、あんなやつの曲を君が好きだなんて、そんなはずないよ、君は歌詞と音楽を混同しているんだ、ムスタキの歌詞はいいけど、音楽は耐えられない、となぜかむきになり、このほうがいいと言って、レナード・コーエンのレコードをくれた。 

須賀さんのエッセイ『ガッティの背中』より

 

コロナウイルスの影響で、ライブや映画はもちろん、会社に行く以外は、食料品の買い出しくらいしか出かけていない。音楽を聴いたり、 本を読んだり、散歩したりして過ごす日々。イタリアのニュースに心が痛む。

 

 

www.youtube.com