涙が止まらない、誰か灯りをつけて

f:id:natsu_87:20181111235309j:plain

新しくなったムジカで、近藤智洋バンディッツ・リベレーションを観た。7人編成のバンディッツは、1年ぶり。その間に、バンディッツ・カスタムという4人編成、5人編成を観て、どちらもすごく好きだったけれど、7人になると、さらにいろんな音が聴こえてきて、なにより楽しい。"荒野を抜け、そして戻る。"カッコ良かった。

今年は、新しいアルバムが出て、ツアーがあって、その中で大好きになった曲、"まぼろしへ"がキーになっていると思う。「ベーブルース(たまにオオタニショウヘイになる)はきっとホームラン」のあとに、ギュイーンと入るギターが好き。

"友だちの歌"~"独白のブルーズ"の流れは、息をするのを忘れてしまっていたかのように、胸が苦しくなる。曲の持つ強い力に引き付けられ、涙が止まらなくなってしまう。

今年は、いろんな場所で、近藤さんとバンディッツのライブを観れて良かった。