真夏

毎日暑すぎる。 村上春樹の短編集『一人称単数』を読んだ。するするっと読めた。品川猿が出てきて『東京奇譚集』を思い出したので、また読み返してみるつもり。 『一人称単数』を読んだ後、春に買って読んでなかった『猫を棄てる』を読んだ。お父様の話と聞…

レナード・コーエンと須賀敦子

『ベストヒットUSA』 でレナード・コーエン特集を観た。レナード・コーエンは、声が低いことを気にしていたとか、「ハレルヤ 」についての小林克也さんの解説も興味深かった。 そして、レナード・コーエンと言えば、須賀敦子さんを思い出す。 やはりその…

大晦日

さくらももこさんの詩集『まるむし帳』を読んで、じーんとしている。後ろの谷川俊太郎さんとの対談もいいな。 そして、今年もいろいろあったなーと少し振り返る。選択することの多い年だった。選んだ道が正しいかどうかは分からないけれど、楽しかったり、嬉…

天上の虹

興福寺に行ってふと思い出したので、『天上の虹』を10数年振りに読み返す。6巻までしか持って無かったけれど、2015年に11巻(文庫版)で完結したことを知り、買い足す。面白かった。

姪から借りたマンガ『響』。面白かったースカッとする。高校生が小説を書く話(まだ完結していない)。小説書いてるって言ってたのは、このマンガに影響されたのね。なるほど。

アプリヴォアゼ

掃除しながら、読みだしたら止まらない、、、 ぼくは、まだ、きみにアプリヴォアゼされていないから、とキツネがいう。ぼくときみのあいだには、なんの関係もない。きみとぼくのあいだに関係をつくるとする、それがアプリヴォアゼさ。 今年は、泣きたくなる…