映画

Life Goes On

今年は、旅行にも行けず、ライブにも行けず、友人にも会えず、飲み会も出来ず、映画館もあまり行けなかったけれど、新しい音楽を聴いて、たくさん映画やドラマを見て、感動したり、笑ったりしながら、とても楽しく過ごせた。 もうこれ以外は使いたくないくら…

十月

十五夜で始まった十月 シュクレクールのパンを買いに行ってきた。ホントどれも美味しい。お隣のモンテベロは、昨年末で閉店していたようで残念。 ドルビーで『テネット』を観た。始まりのオーケストラシーンにドキドキ。150分があっという間。面白かった! …

秋の始まり

涼しくなってきたから、温かい馥雅花茶(フーヤーホァチャ)を飲みながら、『花様年華』を観る。映像が美しい。チャイナドレスを着てみたくなる。『花様年華』は、好きな映画ベスト3に入るかも。 タイムループホラーの『Happy Death Day』サイコ―に面白かっ…

夏の終わり

大丸で新しいメガネを作ってきた。 そして、半年以上振りにカフェでコーヒーを飲んだ。美味し過ぎる。カップも好み(アイスローズ) 『恋する惑星』を観ると、カリフォルニアドリーミン〜♪ を歌いながら掃除することになる。『欲望の翼』も見返す。最後にト…

LETOはロシア語で夏

午後休して、アップリンク京都に『LETO』を観に行ってきた。面白かったー!サイコキラーとパッセンジャーは、自分なりに訳して歌詞を知って、なんてステキな!と思った大好きな曲。 Kitsuneクッキーとアイスコーヒーを買って外で。 ずっと待っていた『天皇の…

梅雨

7月になって、雨の日が続いたけれど、素敵な傘を買ったので、ちょっとウキウキ。 梅シロップが完成し、朝顔が咲いた。久しぶりに晴れたら、ツマグロヒョウモンがやって来た。 my funny hitchhikerのファーストアルバム『Two muffs beat as one』が届く。少し…

水無月

平日に午後休を取って、若草物語『ストーリー・オブ・マイライフ』を観てきた。すごく良かった。ピアノのシーンにじーん。空いてそうな時間帯を選んだけれど、貸し切りとは、、、 『若草物語』の旧作、1949年版と、1994年版(ウィノナがジョー役)を見返した…

マイ・ブックショップ

昨年の公開時に見逃してずっと観たいと思っていた、イザベル・コイシェ監督『マイ・ブックショップ』を観た。 舞台が、50年代イギリスの海辺の小さな町ということで、美しい景色や街並みがステキだった。ボロいと言われるブックショップの建物も。 エミリー…

ローリング・サンダー・レヴュー

NETFLIXのオリジナル映画『ローリング・サンダー・レヴュー マーティン・スコセッシが描く ボブ・ディラン伝説』を観た。 スカーレット・リヴェラという、ヴァイオリニストの衣装が毎回ステキすぎる。アクセサリーや帽子、メイクも。ヴァイオリンを弾く姿も…

ANNA

『アンナ』の デジタルリマスター版を、渋谷で観てきた。アンナ・カリーナがすごく魅力的。切ないストーリー。言わない結末が好き。

ストレート・トゥ・ヘル

アレックス・コックス映画祭で『ストレート・トゥ・ヘル』観てきた。多分、初めて?観る。ジョー含め、いろんな人が出てきて楽しい。可愛らしいお家でのアレックス・コックスのインタビューも良かった。

Carmine Street Guitars

予告を観てとても楽しみにしていた『カーマイン・ストリート・ギター』を観てきた。すごく良かったー。ルーのギターの話の時はうるっとなった。あと、ロバート・クワインのフレーム(笑)

Il gattopardo

ヴィスコンティの『山猫』をやっと観れた。GUCCI の資金提供による4K修復版は、日本での契約満了のため、大きなスクリーンで観れるのは、これが最後らしい。 クラウディア・カルディナーレの美しさに負けない、際立つタンクレディ(アラン・ドロン)の美し…

ENGLAND IS MINE

『イングランド・イズ・マイン』観てきた。スミス結成前のモリッシーの物語。 内容は、そんな感じだったの?ホントに?と思う場面は多々あれど、モリッシー役、マー役、リンダー役がステキな人達で良かった。モリッシーの話し声がちょっと似ていてドキッとし…

女王陛下のお気に入り

『女王陛下のお気に入り』観てきた。満員御礼。レイチェル・ワイズの衣装がカッコ良かった。エンドロールで流れるタイポグラフィも。 レイチェル・ワイズは、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』や『コンスタンティン』のクールで強くて美しい役柄(今回も)が好…

ボヘミアン・ラプソディ

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た。すごくいい映画だった。 スタジアムの一番後ろの人にまで、伝えることが出来るというのは、ホントすごいなあ、と。フレディの表現力に感動してしまう。 そして、ブライアン、ロジャー、ジョンの器の大きさというか、イギ…

灰とダイヤモンド

午前十時の映画祭で『灰とダイヤモンド』を観た。映画もチブルスキーもカッコ良すぎる。「あんな口説き方されたら、好きになるよね」って、ホントに。 チブルスキーの出ている映画『さよなら、また明日』『夜行列車』『夜の終わりに』は観たいな。

泣き虫しょったんの奇跡

『泣き虫しょったんの奇跡』いい映画だった。奨励会の事が詳しく描かれていた。プロになるのに年齢制限があるなんて知らなかった。とても厳しい将棋の世界。 担任の先生が言った「人が悲しいときに寄り添ってあげることも大切だけど、人が喜んでいる時に一緒…

しあわせの絵の具

アシュリング・ウォルシュ監督『しあわせの絵の具』。サリー・ホーキンスもイーサン・ホークもすごく良くて、いい映画だった。モード・ルイスの事は知らなかったのだけれど、とても可愛いらしい絵。

ハッピーエンド

ミヒャエル・ハネケ監督『ハッピーエンド』。きっとハッピーエンドじゃないんだろうなーと思いつつ観ていたけれど、答えは観ている者に委ねられたまま、無音のエンドロールへ。ラストシーン好き。

細雪

先日、NHKドラマ『平成細雪』を観ていて、面白いなー、でも、細雪ってこんなに関西弁だったっけ?と、思ったので、市川崑監督『細雪』も観てみた。 長女鶴子(岸恵子)と、次女幸子(佐久間良子)の 「あの人ねばらはったなー」 「ねばらはっただけのことあ…